So-net無料ブログ作成
検索選択
メイドINドイツ DISCUSFOOD ブログトップ

DISCUSFOOD BLACK&WHITE PEAT 再実験結果報告 [メイドINドイツ DISCUSFOOD]

DSC_5686a.jpg
 
DISCUSFOOD BLACK&WHITE PEAT 初回実験結果報告前編
 
DISCUSFOOD BLACK&WHITE PEAT 初回実験結果報告後編
 
初回の実験(上記リンク参照)で、見事に導電率計を故障させ、なおかつ
 
満足な計測結果を得られなかったDISCUSFOOD プレミアムフィルターマテリアルのピート2種
 
初回検証実験。
 
気を取り直して、再度実験を試みましたので
 
こちらで結果をご報告させていただきます。
 
DSC_5800a.jpg
 
水道水1リットルに対して使用するピートの量を半量に変更。
 
そして前回同様24時間エアレーションを施した後の状況です。
 
DSC_5802a.jpg
 
左 ブラックピート 右 ホワイトピート
 
このように前回同様にブラックピートの方が濃い茶色を呈しております。
 
では、早速水質の計測してみましょう。
 
DSC_5808a.jpg
 
ご覧の通り計測結果にしっかりと相違が確認できました。
 
PHは前回通り、ブラックピートがより低いPH値を示しております。
 
導電率に関してはホワイトピートの方が低い値を示しております。 
 
GH、KHは前回同様 まずブラックピート、ホワイトピートともに。
 
GH1以下の測定不能。
 
KH1以下の測定不能。
 
ここで、実験の総括。
 
●ブラックピート、ホワイトピートともに、強力な酸性化させる能力がありますが
 
より低いPH値を求めるならブラックピートが適している。
 
●ブラックピート、ホワイトピートともに、GH、KHの値を下げ
 
水を軟水化させる能力は現在の所、同等と考えてよい。
 
●導電率に関しては、ブラックピートに関しては若干の低下しか認められなかったが
 
ホワイトピートに関しては、顕著に導電率を低下させる事が確認できた。
 
 
さらにピートの量を少なくすると、両素材のGH、KHへの影響差なども
 
確認できると思いますが、それは是非皆様が試してほしいと思います。
 
 
では、この2素材の適した使用例は?
 
【ブラックピート】 速やかに低PHの軟水環境を作り出す事に優れた素材ですので
ネグロ、オリノコ水系の超低PH、低硬度の環境に生息する魚のうち
環境の変化に弱い種の導入の際などに使用するのに適しているでのは?
 
【ホワイトピート】 ブラックピートより穏やかなPH降下能力と
強い軟水化能力をもつ当素材は、超低PHに弱い南米魚のブリーディング環境に
適していると思います。
 
※以上は、私が即思いついた使用例です。
 
因みにドイツから送られてきた、両素材の説明は以下の通りです。
 
 
【ブラックピート】
 
ブラックピートパールは粒状のブラックピートで、天然のイオン交換素材です。
 
ピートの素材は、ドイツ国内で農業用地として使用された事のない場所から採集され
 
安心して水槽環境に使用できます。
 
正しく使用する事により飼育水の炭酸塩硬度とPH値を落とし、魚にとって快適な軟水を環境を作り出す事が可能です。
 
殺菌作用により様々なバクテリアを減少させ、さらに真菌の増殖を抑制する事で、卵のカビ生えを防ぎます。
 
フルボ酸がブラックウォターの効果を確かなものにしております。
 
 
【ホワイトピート】
 
ホワイトピートファイバーは乾燥したホワイトピートの細片です。
 
ピートの素材は、ドイツ国内で農業用地として使用された事のない場所から採集され
 
安心して水槽環境に使用できます。
 
ホワイトピートは天然のイオン交換素材として作用し、飼育水の炭酸塩硬度とPH値を落とし事ができます。
 
魚にとって快適な軟水を環境を作り出し、藻の発生を防ぎ、殺菌作用により様々なバクテリアも減少させます。
 
 
 
うむ。やはり大したことは敢えて書いてないですね。
 
しかし素材のポテンシャルはかなり高そうです。
 
是非、今回ご紹介したDISCUSFOODの2種のピートを使用してみて
 
その効果を検証し、さらに使いこなし法を考えてみてはいかがしょうか?
 
以下ショップページリンクです。 
 
 
では、本日はこれにて終了です。
 
明日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
以下のコーナーも是非ご覧ください。
 
2016年9月30日入荷ステファン&ピオワルスキーディスカス640のコピー.jpg
2016年8月20日入荷ステファンディスカス640.jpg

8月5日入荷 Marcus Stöcker Discus 640.jpg20160722WBSABBY入荷640.jpgティッツェ・ロートターキス2016・640.jpg




※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングにも参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!

皆様の愛魚の飼育相談も受け付けております。

※まず生体お買い求め店に相談してください。

その回答に納得できなかった場合は当店へ。?

?お問い合わせはこちらから⇒クリック

※発送作業の都合上、お電話でのご相談は

18:00~20:00の時間帯にお願いいたします。??

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp
営業時間 10:00~20:00
定休日:毎週水曜日、第1、第3、第5木曜日 (定休日が祝日の場合営業 翌日振替で店休)

 


共通テーマ:ペット

DISCUSFOOD BLACK&WHITE PEAT 早くも実験結果報告 [メイドINドイツ DISCUSFOOD]


DSC_5609a.jpg
 
昨日から検証開始しました
 
DISCUSFOOD BLACK&WHITE PEAT2種の実験ですが!!
 
DSC_5618a.jpg
 
本日開店して見てみますと
 
既に水がご覧の通り色づいており
 
ブラックピートの方が濃い茶色になっているのが確認できました。  
 
これは、思っていたより早くピートの成分が
 
水に染み出た模様。
 
という訳で、予定よりかなり早く水質測定をする事にしました。
 
まずはPHから。
 
DSC_5628a.jpg
 
こちらブラックピート。PH4.1。
 
うむ。これは想定内です。
 
次はホワイトピート。 
 
DSC_5635a.jpg 

あれれ?PH4.5??
 
予想していたものより低いですね・・・。
 
この素材も凄いかも。 
 
そして導電率!!
 
あっ・・・・・・。
 
導電率系を水没させてしもた!!
 
あかん、あかん。
 
ちょっと水を切って、乾かしてと・・・ 
 
時間を置いてみて、スイッチON!! 
 
・・・・・・・あら?
 
DSC_5686a.jpg
 
・・・・ほら、潰れたわ。泪。
 
まぁ、良い。
 
こういう事は自分のキャラ的に慣れてるし 
 
GHとKHを測って、気を取り直そうか。
 
まずブラックピート。
 
GH1以下の測定不能。
 
KH1以下の測定不能。
 
ホワイトピート
 
GH1以下の測定不能。
 
KH1以下の測定不能。 
 
1リットルの水に対して、投入したピートの量が多すぎて
 
まるで参考にならん数値が出ました!!
 
という訳で実験失敗。
 
後日、やり直しします!!
 
 
 
取りあえず、ブラックピートの方が
 
酸性化させる能力がホワイトピートより高いという事、より色が出る事
 
そして両素材とも、硬度を下げるという事だけわかりました!!
 
 
ひとまず御免!! 
 

本日はこれにて終了です。
 
明日・明後日は定休日、そして7日(金)は夕方まで外出しております。
 
よろしくお願いいたします。 
 
 
 
以下のコーナーも是非ご覧ください。
 
2016年9月30日入荷ステファン&ピオワルスキーディスカス640のコピー.jpg
2016年8月20日入荷ステファンディスカス640.jpg

8月5日入荷 Marcus Stöcker Discus 640.jpg20160722WBSABBY入荷640.jpgティッツェ・ロートターキス2016・640.jpg




※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングにも参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!

皆様の愛魚の飼育相談も受け付けております。

※まず生体お買い求め店に相談してください。

その回答に納得できなかった場合は当店へ。?

?お問い合わせはこちらから⇒クリック

※発送作業の都合上、お電話でのご相談は

18:00~20:00の時間帯にお願いいたします。??

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp
営業時間 10:00~20:00
定休日:毎週水曜日、第1、第3、第5木曜日 (定休日が祝日の場合営業 翌日振替で店休)

 


共通テーマ:ペット

DISCUSFOOD BLACK&WHITE PEAT [メイドINドイツ DISCUSFOOD]

実の話を申し上げますと
 
数週間前から当店にDISCUSFOODの新ラインナップが
 
届いて以降ほぼ放置状態になっております。
 
生体にまつわる業務を優先にしなければならないのが
 
観賞魚専門店の”さだめ”でございますので
 
ご紹介できずに時間がズルズルと過ぎていた訳です。
 
この状況をDISCUSFOODのUDO氏がみたら
 
きっと私にラリアートを食らわしていたでしょう。 (笑)
 
DSC_5332a.jpg 
 
こちらがDISCUSFOODのプレミアム フィルター マテリアルシリーズです。
 
現在10アイテムがリリースされておりますが
 
本日は、これからのブリーディングシーズンの必須アイテム”ピート”のご紹介がてら
 
実験スタートのご報告をしたいと思います。
 
DSC_5336a.jpg
 
DOSCUSFOOD BLACK PEAT PEARLS ディスカスフード ブラックピート パールズ
 
DSC_5419a.jpg
 
素材はこんな感じです。
 
現行で当店が販売しているドイツピートに比べますと
 
1種ではなくいくつかの素材をミックスしている様に見えます。 
 
DSC_5337a.jpg 
 
DOSCUSFOOD WHITE PEAT FIBERS  ディスカスフード ホワイトピート ファイバーズ
 
DSC_5423a.jpg
 
同じく素材の見た目はこのような感じです。この見た目のタイプは私は使った事がありませんが
 
ファイバーと書かれてますので、正体は・・・・??という感じ。 
 
 
以上の2種のピートがこのシリーズに用意されております。
 
さて皆様、この2種の違いお分かりになりますか?
 
私はこの辺りの事は結構調べましたので
 
ドイツでこの2種のピートを見た際、”おお、なるほどね。”と思ったのですが
 
皆様どうでしょう?
 
この辺りを説明するため、私が一度行った実験を再度
 
この2つのピートを使って再現してみたいと思います。
 
DSC_5600a.jpg 

まず現在の当店の蛇口から出てくる水質を測定します。 
 
DSC_5617a.jpg
 
導電率。当店が位置する小平市東部はこの季節あたりから
 
導電率が下がってきます。
 
68ppm=134μジーメンス。
 
ほほぉ。東京も水が良くなったなといえるのか?
 
この数値だけでは簡単には言えないのですが
 
年々導電率の数値が下がっていっているのは間違いないですね。
 
その他の数値は以下の通り
 
PH7.4 GH3 KH2
 
では、2つのピートをほぼ同量(同体積)を取り出します。
 
DSC_5607a.jpg
 
製品の重量を測りますとこれだけ違います。 (左ブラックピート、右ホワイトピート)
 
一応同体積というであると考えて(パッケージには2つとも1,000mlと記載されてます。)
 
DSC_5604a.jpg
 
ブラックピートの20グラムを基準として、ホワイトピートを6グラムを同体積として、1000ccの水道水にいれます。
 
DSC_5609a.jpg
 
若干ホワイトピートの方が多く見えますね。
 
素人実験なので、ある程度の誤差はご了承くださいね。
 
雰囲気が伝われば良いかと思っておりますので。
 
DSC_5613a.jpg
 
こちらをエアレーションを強めにかけて
 
水質の変化を追っていきます。
 
結果は1週間後ぐらいに発表致します。
 
DSC_5615a.jpg 
 
こちらがDISCUSFOODから頂いたピート2種の簡単な仕様書です。
 
”最近こういうのを詳しく書いてしまうと他のメーカーがすぐコピーするから
 
最近は詳しく書かないようにしているよ”とUDO氏が言っていたように
 
この仕様書はかなりザックリしていて
 
正確な原料など具体的な事は一切書いておりません。
 
ただ若干内容が違いますし
 
素材自体が違うのは、ご覧の通りです。
 
実験を通して、この2種の違い、そしてそれぞれの効果的な使用法を
 
ご案内できればと思っております。是非楽しみにしていてください。 

では、本日はこれにて終了です。
 
明日もよろしくお願いいたします。 
 
 
 
以下のコーナーも是非ご覧ください。
 
2016年9月30日入荷ステファン&ピオワルスキーディスカス640のコピー.jpg
2016年8月20日入荷ステファンディスカス640.jpg

8月5日入荷 Marcus Stöcker Discus 640.jpg20160722WBSABBY入荷640.jpgティッツェ・ロートターキス2016・640.jpg




※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングにも参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!

皆様の愛魚の飼育相談も受け付けております。

※まず生体お買い求め店に相談してください。

その回答に納得できなかった場合は当店へ。?

?お問い合わせはこちらから⇒クリック

※発送作業の都合上、お電話でのご相談は

18:00~20:00の時間帯にお願いいたします。??

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp
営業時間 10:00~20:00
定休日:毎週水曜日、第1、第3、第5木曜日 (定休日が祝日の場合営業 翌日振替で店休)

 


共通テーマ:ペット
メイドINドイツ DISCUSFOOD ブログトップ