So-net無料ブログ作成
W.B.SABBY アマゾンリポート ブログトップ
前の10件 | -

新産地モンテ・ローザ!!【New Location Monte Rosa】 [W.B.SABBY アマゾンリポート]


10月8日入荷問屋ものワイルドテフェグリーンの中に


出荷元からマデイラレッドを混ぜて出荷したという知らせがございました。

内容は修正しております。ご迷惑をおかけてして大変申し訳ございません。

************************************************************************************

チャオチャオ8周年記念パーティー”円盤食の会”

※注)イベント開始時間変更してます。ご確認お願い致します。

IMG_4047b.jpg

11月4日(土)開催決定!!

場所:チャオチャオ店内 当日開店時間:10:00

10:00~15:00は、お祝いムードの中で店舗営業致します(笑)。

※パーティー本格スタート 15:00~

毎年恒例 お客様への感謝イベント

ディスカスのように丸い物をみんなで食べよう!!という趣旨の


”円盤食の会”を本年も開致します。


こちらは老若男女、皆さん楽しんで頂ける楽しい親睦イベントです。


お友達、ご家族と一緒に是非ご参加ください。


さらに当日は以下のイベントを夜に開催致します。


●●●

FACEBOOK限定ディスカス交流グループ

名称未設定 1のコピー.jpg

ディスカス インタラクティブ グループ ジャパン

【DISCUS INTERACTIVE GROUP JAPAN】

第1回オフ会を11月4日(土)に同時開催決定!!

※オフ会の場所、時間が決定しました!!

西武新宿線 花小金井駅 炭火焼き鳥”けむり”

℡:042-463-7001


※開始時間:18:30

当日は朝から晩までディスカスを飼育する皆様とどっぷりとお話する覚悟でございますし、ご参加の方々もこれを機にFACA to FACEの交流を互いに深めていただければと思います。また現状こちらの交流グループに参加していただいてない方でも、この11月4日のイベント参加を機にFACEBOOKに登録、グループに参加頂ければと思います。是非遠慮なくお越しください。
************************************************************************************

※WBSABBY初便 の着が11月2日(木)に変更という知らせが山本さんから入りました。

入荷を心待ちにされている方々のために、山本さんから

新産地モンテ・ローザに関するレポートをいただきましたので

御紹介いたします。現地の漁師と山本さんのやり取りがまるで”某クレイジーな旅”番組のようで

無茶苦茶面白いです!!


―新産地Santa Rosa デイスカスとは ―

WB SABBY山本千尋

シーズン前に某漁師から電話が掛かってきた。

例によってコレクトコールでのこちら払い電話だ。

電話を受けた私にその漁師は自分の名前も告げず

「なあ、新しいデイスカス産地を見つけたぜ、まだ手付かずだ。

凄いぜ。前金〇〇〇〇送れ」

まだ名前を聞いていないが声のトーンから誰からかすぐ分かる。

相変わらず命令口調だ。

お金を貸してもらう側の態度ではない。しかし

実際に「新産地」という魔法の言葉を握られているからには

こちらとしても慎重に対応させていただかなければ、その情報は

他社に流れるのは明白だ。いや実際にお金を払ったとして

その情報が他社に流れないとは全く保証できない。

で前金を払ったとして、実際の物がこちらに送られてくるとも

限らない。大体お金を私から引き出すための嘘かもしれないなんて事を考えながら

チイッ結局捨て金になるなと覚悟を決めて

相手の揺動ゲームにそれがとても危険でやってはいけないと

解っていながらそれに参加する怒りを

抑え、深く呼吸して

「あ、は~いお金振り込ませていただきまーす」

といったって明るい声で答えるのであった。

「で、金は送らせていただきますが、新産地の場所はどこですか?」

「それは電話では言えない、来たら教えてやるし、その場所に連れて行ってやる」

やっぱりね……

まだシーズンの3か月も前じゃないか…

これはシーズン開幕直後に行かないと他に先に流されるな

と電話を切ってぼんやり考えた私はスケジュールの出張優先先

をまだ何処かも知らない新産地に書き直したのである。

そしてシーズン開幕とともにその漁師に電話を掛けたのだが

電話は ツーツーツーこの電話は現在使用されていないか

圏外で通話できませんという。電話局の無機質な電子自動返信の声

やっぱりな…….

アポなしで無断で乗り込むしかないな、漁師いなかったら

また無駄足になるなと思いながら、XX行きの定期船のチケットを

買う私、そして、いるかいないかわからない漁師の町行の船に乗り込むのであった。

現地についても、もちろん連絡していないから迎えはいない

先に現地のぼろいホテル、ホテルといえるのかもどうか怪しい

家にチェックインした後、漁師の家に行ったが、どうやら引っ越しして

ここにはもう住んでいないらしい。

やっぱりな…….

作戦変更で、この町の近くに住んでいる別の漁師から

この付近で取れるデイスカスでも買って帰ってとりあえず

無駄足だけは避けるしかないなとその漁師に電話して会う約束を

取り付けている間に

例の漁師から電話が掛かってきた

やっぱり繋がってるな….

私からの電話に受けないように電源切ってたな…..

めんどくさいやつと思いながら電話に出た私に

「山本お前が来るのは解っていた。この町行の船に乗った地点から

俺の知り合いからお前が船に乗っていると言う情報は入っている」

「それにお前はどこに行こうとしている?おれの競争相手のXX漁師から

買うつもりだな、もし奴から買ったら、この話はお流れだ

俺は新産地デイスカスをお前の嫌がる業者に全部うるからそのつもりでいろよ」

やっぱりな…..

お前はまるで誘拐犯のようだなと思いながら

「いや、他の漁師の所には行きませんよ。いや行くのをキャンセルします」

と答える私に

「俺はまだこの町にいない。戻るのはあと3日後だ。それまで

俺の部下をつけてやるので、そこでデイスカス取りながら待っていろ

経費は払ってやってくれ」

やっぱりな….

このようなとても面倒くさいプロセスをふんで

やっと3日後にその漁師にあい、新産地に向かったのであった。

その新産地はこの町からモーターボートで4時間

道中この産地の事を漁師から聞き出した

「あそこは湖ではない。水路だ、入れる時期は限れている

そしてそこのデイスカスは、ニャムンダよりも赤いぜ」

「まだ手付かずだぜ」「水は透明のブラックウオーターだ」

「まあ、自分で潜ってみて、自分で判断しろ、俺は素晴らしいデイスカスだとおもうぜ」

なるほどそういう事ね…

P9260439.jpg
P9260473.jpgP9260506.jpgP9260507.jpg

新産地Monte Rosaに着いた感想は

確かに、ここはさもデイスカスが沢山いそうな環境だ。

水は少し濁り気味ではあるが比較的透明なブラックウオーター

倒木や茂った水中林はあのデイスカス特有のデイスカス臭が

かすかに感じられる。これは相当数生息しているな。

本格的にこのデイスカスを見るのは夜だ。

まずどの木の下にどれぐらい生息しているか昼間のうちに潜って確認

しておこう。

と何本かの茂った水中林の根元に潜って確認した。

P9260513.jpgP9260518.jpg

そこには、昨年末に生まれたであろう、まだサイズの小さいデイスカスが

木々の間をまさに乱舞していた。

今後さらに採集を続ければ、きっと将来的に評価される

ポテンシャルを持った産地だと言えるだろう。

新産地Monte Rosaについて

この産地のデイスカスの評価について

この一回の採集だけで評価するのは大変難しい。

と言うのは今後もっと調べ、数を採集することで解ってくることも

多くあるから、現段階で評価を決めてしまいたくないと思う思いがある。

P9260441.jpgP9260445.jpg

赤のポテンシャルがクリペアの赤ともニャムンダの赤とも微妙に違う

濃い赤であるという事(暗めの濃い赤というべきか)の個体が多いようにおもわれる。

ただ黄色系のバリエーションもある

体系はニャムンダが少し菱形に対し、より体系が丸いと感じるのは

現地の流れがより緩やかであるからだろう。

特に目を見張るのはソリッド系、

尻びれのラインが太くブルーデイスカスの流れを汲んだデイスカスである事が

容易に見て取れる。

産地について

正確なロケーションは上記のように色々複雑な問題があり

正確には公表できないのである。公表するとまた色々と漁師ともめ

た業者も介入し、ただでさえ面倒な事がさらに悪化し

誰も良い感じにならないからだ。

ただ私は、「前金払って来たら教えてやる」みたいな

せこいことは言わない。

このデイスカスは、ニャムンダ湖より西(つまり上流)

パリンチンスより東(より下流)の2都市の中間あたりにあたる

アマゾン本流筋の正統派デイスカスという事ができる。

いわゆる、マナウスから下流域の

ヘッケルの影響を受けていないブルー系の血の濃い

デイスカスと言える。

マナウスより下流の正統派系マデイラ物とも雰囲気が違うのが

面白い。デイスカスはやはり場所場所によってそれぞれの

個性がある。

山本

では、本日はこれにて。明日は定休日ですので明後日26日からよろしくお願いいたします!!

やっぱりな・・・・。(笑)


【特別掲載】ドイツディスカス復興プロジェクトを振り返って思い出すことなど 中編その2

名称未設定 640のコピー.gif


以下、バックナンバーです。

【特別掲載】ドイツディスカス復興プロジェクトを振り返って思い出すことなど 中編


【特別掲載】ドイツディスカス復興プロジェクトを振り返って思い出すことなど 前編


お楽しみください!!では、またよろしくお願いいたします!!
ドイツディスカス復興計画2017ティッツェ640.jpg
ドイツディスカス復興計画2017シュルツ640.jpg
==============================================================
以下のコーナーも是非ご覧ください。

2017年9月7日入荷松坂便640.jpg
2017年8月17日入荷ハイコ便のコピー.jpg


※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!

魚の飼育相談について。

※まず生体お買い求め店に相談してください。

その回答に納得できなかった場合は当店へ。

お問い合わせはこちらから⇒クリック

※発送作業の都合上、お電話でのご相談は

18:00~20:00の時間帯にお願いいたします。

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp 営業時間 10:00~20:00
定休日:毎週水曜日、第1、第3、第5木曜日(定休日が祝日の場合営業 翌日振替で店休)

 



共通テーマ:ペット

WBSABBY 鴨志田さん アマゾン現地レポート№2【Amazon report from WBSABBY Kamoshida №2】 [W.B.SABBY アマゾンリポート]


************************************************************************************




チャオチャオ8周年記念パーティー”円盤食の会”

IMG_4047b.jpg

11月4日(土)開催決定!!

場所:チャオチャオ店内 時間:12:00~18:00

毎年恒例 お客様への感謝イベント

ディスカスのように丸い物をみんなで食べよう!!という趣旨の


”円盤食の会”を本年も開致します。


こちらは老若男女、皆さん楽しんで頂ける楽しい親睦イベントです。


お友達、ご家族と一緒に是非ご参加ください。


さらに当日は以下のイベントを夜に開催致します。


●●●

FACEBOOK限定ディスカス交流グループ

名称未設定 1のコピー.jpg

ディスカス インタラクティブ グループ ジャパン

【DISCUS INTERACTIVE GROUP JAPAN】

第1回オフ会を11月4日(土)に同時開催決定!!

※オフ会の場所、時間が決定しました!!

西武新宿線 花小金井駅 炭火焼き鳥”けむり”

℡:042-463-7001


※開始時間:18:30

当日は朝から晩までディスカスを飼育する皆様とどっぷりとお話する覚悟でございますし、ご参加の方々もこれを機にFACA to FACEの交流を互いに深めていただければと思います。また現状こちらの交流グループに参加していただいてない方でも、この11月4日のイベント参加を機にFACEBOOKに登録、グループに参加頂ければと思います。是非遠慮なくお越しください。

************************************************************************************
10月3日夜、WBSABBYの鴨志田さんから現地レポート№2が届きました!!

******************************************************************************
今季クリペアに来て気づいたことが一つ。

それは採集方法が変わって来ていること。

今までは細いナイロンの刺し網での採集でした。

それがエンガリャーダと呼ばれる木の枝を沈めディスカスを居つかせる方法です。

テフェなどでは一般的ですがクリペアではあまり使われていない方法でした。

!cid_15ee28f51efbeb8c11e1.jpg

そしてタコ糸ぐらいの太いいとであんだおおきな投網で枝を囲んで採集しています。

「どうして採集方法を変えたの?」の問いにディスカスを傷つけてないため、との返事。

お!いいじゃない。

今までにも、市の環境局からの指導やら、

コミュニティ周辺の牧場主からのクレーム(牧草を荒らされる!)

そして密告などがあった経験からのようでもあります。

密告でディスカスの採集をストップさせられたことも過去にありますからね。

ディスカスはコミュニティにとって大切な資金源。

ここはまだ電気はジェネレーターで、水もディーゼルのエンジンポンプで供給しています。

資金源がストップされると大変。そしてまた環境に優しくという指導がうまくいっているのかな?

なーんて感じた今回です。

Takafumi Kamoshida
WBSabby Ltda.

******************************************************************************

クイペウアは網の傷が目立ちましたが、この漁法ですと、ダメージは確実に減りそうですね。

現地の人にとってはディスカス=村の生活資金源=お金でしょう。

お金になるからといって採りまくってしまっては、永続的に続くて行く事は出来ませんね。

環境保護の観点も視野に入れながらディスカスの魚体に優しい漁を行うようになってきているの事は

ディスカスに係わる方々にとっては、喜ばしい事だと思います!!

本日はこれにて終了。明日、明後日6日(金)からよろしくお願いいたします。


【特別掲載】ドイツディスカス復興プロジェクトを振り返って思い出すことなど 中編その2
名称未設定 640のコピー.gif


以下、バックナンバーです。

【特別掲載】ドイツディスカス復興プロジェクトを振り返って思い出すことなど 中編


【特別掲載】ドイツディスカス復興プロジェクトを振り返って思い出すことなど 前編


お楽しみください!!では、またよろしくお願いいたします!!
ドイツディスカス復興計画2017ティッツェ640.jpg
ドイツディスカス復興計画2017シュルツ640.jpg
==============================================================
以下のコーナーも是非ご覧ください。

2017年9月7日入荷松坂便640.jpg
2017年8月17日入荷ハイコ便のコピー.jpg


※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!

魚の飼育相談について。

※まず生体お買い求め店に相談してください。

その回答に納得できなかった場合は当店へ。

お問い合わせはこちらから⇒クリック

※発送作業の都合上、お電話でのご相談は

18:00~20:00の時間帯にお願いいたします。

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp 営業時間 10:00~20:00
定休日:毎週水曜日、第1、第3、第5木曜日(定休日が祝日の場合営業 翌日振替で店休)

 



共通テーマ:ペット

2015-16年シーズン テッフェリバー・グリーンディスカス [W.B.SABBY アマゾンリポート]

 
皆様こんばんは。店長タケオです。
 
昨日無事にドイツから帰って参りましたが・・・
 
まだドイツの夢の中のようで、仕事を再開しておりますが
 
どこか夢うつつです。 嗚呼、夢よ醒めないで・・・。
 
この感覚があるうちに、皆様とドイツの体験をシェアできればと思います。
 
今、日本ではこのような話ができるのも、きっと私だけでしょうから
 
伝えられる方々に、自分が伝えられるうちに
 
ブログやショップページでは伝えられない”生の声”で伝えておきたいと思う訳です。
 
ですので、以前WBSABBYの山本さんを招いて開催した店内セミナーのスタイルで
 
”ドイツディスカスミーティング”を開催したいと思います。
 
ドイツディスカスミーティング
 
開催日: 3月5日(土)発送作業終わり次第・およそ17:00~
場所: チャオチャオ店内。 
※駐車場あり。 隣りのコインパーキングをご使用ください。
駐車場代は当方が負担いたします。
 
私がこの目で見て感じた
 
”ドイツディスカス復興計画”の
 
古典的ドイツディスカス・ブリーダー(シュルツ氏とティッツェ氏)と
 
グローバルに活躍する”ピオワルスキー氏”の今。
 
彼らが作出するドイツディスカスを上手く飼育するテクニックもご紹介したいと思います。
 
勿論、質疑応答の時間も設けます。
 
ブリーダー3氏へのリクエストもございますでしょう。
 
その辺りも遠慮なく私にぶつけてくださいね。 
 
ご希望あれば2次会もありです。その辺りはその場でカジュアルに決めましょう。
 
是非私と”ドイツディスカスの雰囲気”をシェアしましょう!! 
 
気軽にご来店ください。
 
 
さて、明日はWBSABBYの輸入日です。
 
前にご案内した”リバーテフェ”がやって参ります。
 
今回のリバー・テフェ、果たしてどのような素性のものなのか?
 
WBSABBYの鴨志田さんにご説明していただけましたので
 
こちらでご紹介いたします。
 
 
*********************************************************************************** 
 
 
2015-16年シーズン テッフェリバー・グリーンディスカス

テッフェグリーンディスカスの採集場所を決めているのは
漁師ではなくIBAMA(ブラジル環境・再生可能天然自然院)と
その傘下に位置する
ICM-BIO, Insutituto Sico Mendes de Conservacao da Biodivercidade
(シッコ・メンデス生物多様性保全院)の二つにより決められます。

ディスカスを保護する地域はどこからどこまで、
いつからいつまで(年単位が多いですね)の基本は
この二つの機関が決めます。

保護する地域と期間が決まったから、
それ以外のところでディスカスを採集してもいいのか?というと
そうではありません。

IBAMAお呼び水産省から正式に熱帯魚(ディスカスに限らず)を
採集、輸送、売買をする許可書をとり、
採集1回ごとにどこへ、どの期間行く、という
許可も得なければなりません。

漁師もちろん漁師免許をもっていなければなりません。
このように書くとがんじがらめですね。
今ではほとんどテフェ湖と湖の流れ込む河川では
採集されていないということです。
一部の人―自分の土地が湖沿いにあり、採集許可(1回ごと)を取得し、
かつ漁師免許を持っていればOKというもの。

IBAMAなどの政府機関が嫌い
(取り締まられるのが嫌い)な人たち-田舎にはまだまだ多い-は
わざわざそのような許可書を取りにも行きません。

ではなぜテフェリバーなのか。
基本的に人が住んでいる場所では
テフェに住んでいる漁師といえども
採集許可を得られないのです。
 
IMG_3817.JPG 

彼らは人が住んでいないテフェリバー最上流部で採集する
(イガラッペと呼ばれる支流はだめ、本流沿いのみ)
またはとってもいいよという住人から買い付けるという
2つの方法しかないのです。
その採集する住人がテフェリバー沿いの住人だったということです。
 
DSC_0029.JPG 

このシーズンはアマゾン流域で、水の引きが例年より遅かった上に
水が引き出したら、あれよあれよという間に
過去最低ラインのドライシーズンでした。
これはテフェ周辺でも同様です。
 
DSC_0113.JPG 

しかもあれよあれよの期間が例年よりかなり短かかったため
エンガリャーダと呼ばれる木の枝を沈めてディスカスを集めるトラップが
水の外に出てしまったということが起こりました。
 
DSC_0112.JPG 

もう一度トラップをかけなおし、
ディスカスたちが集まる時間待たなければいけないので
ディスカス採集が動き出すまでに時間もかかりました。
 
IMG_3704.JPG 

われわれの獲得できたディスカスは・・・なかなかだったのではと思います。
もちろん数は多くありません。
でもスポットのレベルでは-という点で。

これは皆さんに見ていただいたほうが良いかもしれませんね。
フルスポットからFEWスポットまで幅広く、
興味深いバリエーションもあり、
また体形のいいものを選別できたと思っています。

いろいろなレベルの魚がいますので楽しみにしていてください。
 
*********************************************************************************** 
楽しみでしょ?
 
到着は明日26日の19:00辺りです。
 
是非ご来店していただき、ご希望の魚をご予約ください。 
  
よろしくお願いたします。 
 


※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングにも参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!

皆様の愛魚の飼育相談も受け付けております。

※まず生体お買い求め店に相談してください。

その回答に納得できなかった場合は当店へ。 

 お問い合わせはこちらから⇒クリック

※発送作業の都合上、お電話でのご相談は

18:00~20:00の時間帯にお願いいたします。  

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp
営業時間 10:00~20:00
定休日:毎週水曜日、第1、第3、第5木曜日 (定休日が祝日の場合営業 翌日振替で店休)    



共通テーマ:ペット

2015-16年シーズン新産地 アトランチコ ;西岸アレンケール  vol.02 [W.B.SABBY アマゾンリポート]

 
皆様こんばんは。
 
では、早速鴨志田さんから送っていただいた
 
西岸アレンカー・アトランティコ採集記VOL.2をご覧ください!!
 
*************************************************************** 
 
2015-16年シーズン新産地 アトランチコ ;西岸アレンケール  vol.02

友人の住んでいる西アレンカーの街へ。
「どれぐらい水位が低いのだろう」と
思っていたらやはりかなり低い。
というか今まで見たことのないほど港に砂浜が広がり、
船着場は堤防からかなり離れていました。
ここの前に北アレンカーへ行ってたんだが、
向こうはコミュニティーへの小さい定期船どころか
カヌーの取れないぐらいの水位で、
そのときはバスでコミュニティーまで行ったのだ。
 
PB150181.jpg 
 
船で待っていると友人がカヌーで出迎え。
発泡箱などの荷物を彼の知り合いの浮き家に運び、
早速ディスカスたちのチェックに行きます。
 
PB150177.jpg
 
湖を横切るのですが水位が低く水路-水路には
目印の棒が立てられ、
それに沿っていく-から外れると
すぐ泥を巻き上げ、カヌーの船底をすります。
「ほんまかいなー、これ。ディスカスを梱包した発泡箱を積んで航行できるのか?」
と疑問になるぐらい。
 
PB150182.jpg
 
湖を横切り、カベッセイラと呼ばれる
ドンズマリのイガラッペ(小川)へ入っていく。
小川もこれでもかというぐらいの水位の低さ
、泥水+泥、炎天下なので水温も高い。
もちろん日陰はない。
ちょっとこれはやばいかも・・・
生簀のディスカスが酸欠なっている可能性などを考えてしまう。
友人兼漁師の採集+生簀のある現場に着く。
 
PB150187.jpg 
 
かれは生簀の中のディスカスを
何匹かみて状態をチェック。
そして生簀を移動させるかどうかかんがえている。
移動しなくてもいいという結論。
ちょっと見せてみ・・・と魚をすくってみた。 
 
PB150191.jpg
 
お!ロイヤルじゃん、
しかもピラニアのかじられなどほとんどない。
次はセミロイヤル、そして赤系といいものばかりがでてくる・・・
期待できるかも、嬉しくなってきた。
ピラニアの食害(齧られ)が少ないのは
この場所―イガラッペ(小川)-だからとか。
小川へはほとんどピラニアはいってきていないらしい。
ワニはいるけどねー、だって。
レベルもよく、ピラニアによる齧られもなく、
水温の暑さにやられていなく
(目が白くなったり、体がまだらになるんだよねー、そうなるとアウトだ)
安心した。
街に戻って彼とディスカスのトランスポートの書類を作成し、
次の日の梱包準備も終わらせる。
ちょっと楽しみになってきたぞー。アトランチコ!
 
*************************************************************** 
 
さて、ではその楽しみなアトランティコ、羽田空港に撮りに行ってきます!!
 
本日の入荷作業、勿論見学可、お気に入り魚予約可です!!
 
ではよろしくお願いいたします!! 



※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングにも参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!

皆様の愛魚の飼育相談も受け付けております。

※まず生体お買い求め店に相談してください。

その回答に納得できなかった場合は当店へ。 

 お問い合わせはこちらから⇒クリック

※発送作業の都合上、お電話でのご相談は

18:00~20:00の時間帯にお願いいたします。 

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp
営業時間 10:00~20:00

定休日:毎週水曜日、第1、第3、第5木曜日 (定休日が祝日の場合営業 翌日振替で店休)   




共通テーマ:ペット

2015-16年シーズン新産地 アトランチコ ;西岸アレンケール  vol.01 [W.B.SABBY アマゾンリポート]

 
皆様こんばんは。
 
WBSABBYの鴨志田さんが
 
アマゾンから”無事に”帰還されていて
 
一昨日にスカイプでお話いたしました。
 
テフェと西岸アレンカーに行ったり来たりで
 
かなり大変だったとの事。
 
本当にお疲れ様でした。 
 
その鴨志田さんが
 
西岸アレンカー新産地”アトランティコ=アトランチコ”を
 
入手するまでの経緯のレポートにして
 
送っていただきましたので、本日はそちらをご紹介いたします。 
 
************************************************************ 
 
2015-16年シーズン新産地 アトランチコ:西岸アレンケール vol.01

ご無沙汰しております。鴨志田です。
このシーズンは、はっきり言って参りました。
というのもアマゾンの乾季が
まったく予想できない動きになってきているのです。

昨季2014-15年シーズンはアマゾンの水の引き始めが遅く(9月中旬)
しかもほぼアマゾン全土の水がいっせいに引き始めるという感じでした。

そう、上流域ソリモンエスに位置する
テッフェ(有名なグリーンディスカスの産地および集積地)も
アマゾン中流のサンタレン・アレンカー域も
ほぼ同じという考えられない異常性。
しかも水がそれほど引かず、
水が多いまま15年の2月ぐらいまでその水位を保っていました。
なので漁期も思ったより長く続きました。

今季はどうかというと
昨季よりもっと水の引き始めが遅く(9月下旬)
昨季と同じようにアマゾン全土の水がいっせいに引き始め
しかもあれよあれよという間(10日から2週間)で
過去最低水位まで水が干上がってしまった。
 
PB140148.jpg
 
本当なら「水が引き始めたよー」と漁師から連絡が着たら・・・

1、すぐにディスカス採集できる場所
2、これからディスカス採集の仕込みにかかる場所
3、もう少し待って水がその年の最低水位まで
  水が引かないとディスカスの採集ができないところ 

と採集地によって特徴がある。
今シーズンは一気に水位が低くなってしまったために
十分に採集できないポイントもできてしまった。
異常気象もここまで来たか・・・。
 
PB140151.jpg 

しかも異常に暑い!
アマゾンの住民もこの暑さに耐えられない!!といっていた。
この言葉は自分も初めて聞いた。

さて、アレンカー西岸地域である。
ここも一気にあれよあれよという間に水が引いてしまった。
街やコミュニティーの前には砂浜(プライアといいます)が
でーんと広がり、ディスカス漁が本当にできるのか不安が・・・。
そしてまた、コミュニティーが
「今年はディスカス漁をやりません」と
閉まったところがいつもより多かった。
これも乾季(減水)の仕業か?と思ったが
そのコミュニティーで代表が変わったり
コミュニティー内もしくは
周辺住民との話がつかなかったというのが
本当のところのようだ。いいニュースが少ない。
 
PB140155.jpg 

そういう中で自分の友人がこの街に戻ってきていたのが幸いした。
彼はあの有名なシングー河のベロ・モンテダム建設現場へ
出稼ぎに行っていたのだ。
彼からは”俺はこの街、そしてコミュニティーには結構顔が広いんだ!”
なーに鴨志田のほしいディスカス採集地を見つけるから安心しろ。”と。
 
PB150161.jpg
 
3年ディスカス採集から離れていたので少し不安が残るが
友人から採集予定数OK!!の電話が来たので早速行くことにした。
 
PB150165.jpg
 
しゃっぁー!!ディスカス採りに行くどー!! (鴨志田)
 
************************************************************  
大アマゾンリバーの水位の変化を注意深く見据えつつも
 
自然が相手なので
 
意外と出たとこ勝負!?的なアマゾンでのディスカス採集。
 
しかし、現地の漁師との強力なコネクションがないと
 
出ていっても全く何もなし!!となるのでしょうね。
 
その”漁師との強力なコネクション”を如何に作って
 
維持していくのか?そこがきっと良質のワイルドディスカスを
 
集める肝なのでしょうね。
 
今回のアトランティコは、今月22日(金)に入荷予定。
 
その入荷後に、採集記第2弾を鴨志田さんが送ってくれるそうです。
 
是非、色々とご期待ください!! 



※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングにも参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!

皆様の愛魚の飼育相談も受け付けております。

※まず生体お買い求め店に相談してください。

その回答に納得できなかった場合は当店へ。 

 お問い合わせはこちらから⇒クリック

※発送作業の都合上、お電話でのご相談は

18:00~20:00の時間帯にお願いいたします。 

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp
営業時間 10:00~20:00

定休日:毎週水曜日、第1、第3、第5木曜日 (定休日が祝日の場合営業 翌日振替で店休)   




共通テーマ:ペット

アマゾン・ショートショート Vol 20 [W.B.SABBY アマゾンリポート]


アクアとペットをこよなく愛する

紳士&淑女の皆様、こんばんは!!

6月18日にアップしたとある写真。

何かの間違いで新しい記事で上書きしてしまい

当ブログ上から消えてしまいました。

本日、遠方から送り主様が、そのクレームのため

ご来店されましたので、再度、アップしておきます。

こちらがその写真です・・・。

DSC_5921a.jpg

ちなみにこちらのモデルさんは”谷原ゆき(41)”様。

熟女がお好みの方は、是非検索してみてください(笑。

で、こういう”オイタ”をしてしまうクレーム主様に

お昼に一撃を食らわしました。

1437883752597~2a.jpg

涙目で、もうダメポと降参するかと思っていたら・・・・。

自分より早く完食して、ケロっとされておりました。

さすがというか、何というか・・・。

”大ラーメン全マシ”にすれば良かったかな??(笑。

では、この流れでWBSABBY 鴨志田氏のアマゾンショートショート

行ってみよう!!

***************************************************************

アマゾン・ショートショート Vol 20 W.B.SABBY鴨志田

「アマゾン・ショートショート」と題して、
いろいろなアマゾンを中心とした
自然、人、生活、そして熱帯魚などで
自分の感じたことを書いていきたいとおもいます。

20回目「ペイシ・カショーロ」

20.jpg

漁師が採ったペイシ・カショーロ。
彼らは単にカショーハと呼んでいる。
カショーロは牡犬。カショーハは牝犬。
どこがどう違うのかは知らない(すんません!!)
小骨は多いが美味しい魚ではある。
漁師のおっさんはこれから内臓とえらを取って
チャリンコで街に魚を売りに行く。

俺にも1匹くれよ、おっさん
今日の昼飯はカショーハの丸焼きだ!!


***************************************************************

嗚呼・・・ペーシ カショーロ。

日本では、皆様大事に水槽で育てて

格好ええなぁ~と、ウットリして眺めている大型カラシン。

こちらでは、バッチリと食用鮮魚扱いですね。

”美しい魚”と”美味しい魚”って一文字だけ違うだけですが

使う対象は、”観賞魚”と”食用魚”と大きく変わるのよね・・・。

当たり前の事ですが、改めてそう思う店長タケオでございました。

今度、日本仕様の食用魚でも飼育してみるかな・・・。

では、本日はこれにて終了です。明日も頑張りますYO!!

アディオス アミーゴ&セニョリータ。 またお会いしましょう!!


※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングにも参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!
にほんブログ村


皆様の愛魚の飼育相談を受け付けております。気軽にどうぞ!!

お問い合わせはこちらから⇒クリック

※発送作業の都合上、お電話でのご相談は

18:00~20:00の時間帯にお願いいたします。

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp
営業時間 10:00~20:00
定休日:水曜日(水曜日祝日の場合営業 翌木曜日振替で店休)



コメント(2) 
共通テーマ:ペット

WB SABBY CASUAL LINE DISCUS とは【中編】 [W.B.SABBY アマゾンリポート]


臨時休業のお知らせ

11月29日(土)30日(日)臨時休業いたします。

ご来店、ご注文、発送のご指定の際はご注意ください。

よろしくお願いいたします。


アクアとペットをこよなく愛する皆様、こんばんは!!

本日は自動更新機能によって

ブログを更新しております。

きっとこの時間、私は

あるミッションを終え、帰路についている頃・・・。

きっと気絶&爆睡していると思います(笑。

今回はWBSABBYの山本さんからの原稿です。

WBSABBYのカジュアルラインについての中編をお送りいたします。

**************************************************************************

WB SABBY CASUAL LINE DISCUS とは
                           山本 千尋


中編

このなんか気になる問題は
なぜ生じるのか?と言う事を考えなおした時に
一つ浮き彫りになるのが、
そのデイスカス自体が放つ威光。
まり個々のデイスカス自体が放つ「
華」についての評価点が低かったと言う事が
見えてくる事が良く解った。

つまり今までのカジュワルラインの見方は、
選ばれてきたデイスカスから
いかに欠点を見つけ出すか?
と言う事に重点を置いていた為に、
うも違和感が生じていた。
これを逆の見方をすればどうなるのか?
この各個体の持つ良い所をいつも見るようにすれば
評価は全く別の物になってくる。
つまり、あるデイスカスの持っている「華」に
重きを置けばデイスカスはもっと明快に
良い悪いがはっきり見えてくるのである。

例えば、全てが整っている端正なモデルより
ある意味全ては整ってないが
強烈な個性を醸し出しているモデルの方が
魅力があると思うように。
デイスカスにとって大切な事は
「整った美しさ」と言う事より
「魅力ある」と言う事の方が長く付き合う上で
大事なのではないかなーと思うのである。
それは別の言い方をすると
人を引き付ける「華」を持っているかどうかと
言い換える事も出来る。

しかしながら、デイスカス界を取り巻く環境はそうではない。
いかに魅力あるデイスカスの方が単に整ったデイスカスより
価値があると私が声高らかに言っても
受け取り側は、些細なマイナスポイント
(例えばちょっとしたバーチカルの乱れなど)
を声高らかに指摘しデイスカウントを要求する。

実は多くの受け取り側は
デイスカスが好きなので魅力を発散する
そのデイスカスの価値が
解っているにも関わらず、お客さんにも指摘されるので
やもえなく、そう言っているのであると願いたい。
しかし、その些細な欠点を指摘する
大半の意見に私も含め屈するから
なんか何処か居心地の悪いような
価値判断が成立してしまっている
と言う事が今回の話をきっかけに明確になってきた。

つまり欠点がないが
どうもデイスカスとしての華にかける
整ったセレクションラインのほうが
少々難ありではあるが
人を引き付ける魅力を発散しているデイスカスより
価値が高いという、何か釈然としない、
違和感のある現象がつねに付きまとう。

シンプルに考えれば趣味のペットであるはずのデイスカスは
欠点を見つけて楽しむものではないと言う事。
そのデイスカスの長所をいかに見て楽しむか?
と言う事の方が大事かなーって
単純に思ってしまうのである。

packing4.jpgpacking3.jpg

そこで今回は現場にいる鴨志田君に
SABBYとしての重大なミッションをおってもらう事に決めた。
それはSABBY始まって以来挑戦する新しい試みでもある。
現場であえてカジュワルラインデイスカスを
セレクトして来い。というとても難しい課題なのである。
さてどんな個体がやってくるのか
どんな個体をセレクトしてくるのか
私自身が興味津津で待っているのである。

IMG_1041.JPG

その送らて来たデイスカスを見て
もう一度デイスカスのカジュワルラインとは
何なのかと言う事について
よーく考えてみたいと思っている

続く。。。。

**************************************************************************

箱にチャオチャオって書いてるし・・・(驚。

一体、どんなカジュアルラインのディスカスが??

では、本日はこれにて終了~。

アディオス アミーゴ&セニョリータ。 またお会いしましょう!!


※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングにも参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!
にほんブログ村

※ラーメンブログランキングには参加しておりません(笑。


皆様の愛魚の飼育相談を受け付けております。

魚不調で、抗菌薬を使う前に、まず相談!!

メールでも、電話でも、気軽にどうぞどうぞ。

※その際、できれば水道水のKH値を教えてくださいね。

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp
営業時間 10:00~20:00
定休日:水曜日(水曜日祝日の場合営業 翌木曜日振替で店休)



コメント(2) 
共通テーマ:ペット

22日入荷WBSABBY便詳細とWBSABBYのカジュアルラインについて【前編】 [W.B.SABBY アマゾンリポート]


11月22日(土)営業時間のお知らせ

輸入・通関作業の為、18:00~の営業予定です。

ツイッターにて当日開店時間(帰店時間)を

お知らせいたしますので、ご来店の際はご覧ください。


アクアとペットをこよなく愛する皆様、こんばんは!!

早速ですが、明日22日のWBSABBY便入荷リストです!!

I-CIAOCIAO-11.jpg

結構数が入ってまりますよ。

お楽しみに!!

さて、このリストでも入荷数の過半数を占める”CASUAL LINE"。

本日は、WBSABBY山本さんより

このWBSABBYのカジュアルラインについて

新しく提言したい話があるという事で

その話の前編をご紹介いたします。

**************************************************************************

WB SABBY CASUAL LINE DISCUS とは
                           山本 千尋


前編
先日 SABBYのお客さんと電話で話している時に
話の流れでこんな会話があった

「SABBYのカジュワルラインデイスカスってもっと入手できませんかね?」

「は??カジュワルラインですか?…
カジュワルラインのデイスカスが欲しいのですか?..??」

元々と言うか本来SABBYでは
カジュワルラインのデイスカスを
現地に選びに行っているわけではないので、
このカジュワルラインが入手できないか?
と言う質問には少々面食らった。
そして、その事がもう一度SABBYの
カジュワルラインとは何なのかと言う事を
考えるきっかけになった。

SABBYが毎年現地にいって
デイスカスを選んでくるのには
以下の様な理由からである。

1. まずロカリテイを正確に自分達の目で見る事。
漁師任せにしているといろんな産地の
デイスカスを混ぜられてしまうので、
自分自身で現場に行ってその地域地域の
デイスカスの特徴をしっかり見て、
どの地域のデイスカスの質が良いのかを把握しておく事

2. 良い産地のデイスカスを確認すれば
実際にその産地で多くのデイスカスを採集し
その中でこれはと言うデイスカスを選んで持って帰る事。

SABBYの水槽には限りがあるので、
その水槽をあまり美しくないデイスカスに
占領されるのは出来るだけ避けたい。
美しい観賞魚を扱っているのだから、当然全ての水槽は
美しいデイスカスだけで埋め尽くしたい。と言うのは当然で、
私自身の中ではデイスカスモデルエージェントをやっており、
注文に応じて世界中に
デイスカス美人モデルを派遣しているという
気持ちでやっていたりするのである。
近年は鴨志田君が現地にモデルさんをスカウトに行っており
スカウトされたデイスカスを
私がSABBYというモデルエージェントで受け取り
ウムウムとか言いながら送られて来た
モデル候補のデイスカスを養成することと思っているから、
基本的に鴨志田君から送り込まれてきたディスカスは
全てセレクションデイスカスと言う認識がある。

受け取ったデイスカスは当然ながら全てが完璧ではない。
中にはなぜこのデイスカスが
送り込まれてきたのか解らないと言う個体もあるし。
私自身現場でセレクトしてきたので、
少々難があるデイスカスでも、現場でこれを見て、
みすみすその場でリリースするには惜しい。
もしくは出来ないと言うデイスカスが
送りこまれてくる気持ちが良く伝わるデイスカスも多い。
ただし、それらは例えデイスカスに
少々難があっても私の中では全てセレクションデイスカスである。
現場で採集されるデイスカスのほぼ70%は
実は本当にお世辞でもあまり美しくない
と思われるデイスカスばかりなのである。

だからこそ、SABBYが送り込む
カジュワルラインデイスカスは
実は何処に出しても恥ずかしくない
レベルのデイスカスだと思っていたし、
今もそう思っている。ただ、そこに、
SABBYのカジュワルラインはこれだと言う
明確な基準を私自身が持っていたかと言うと、
実はそうではなかったのでないか?と言うのが
今回の話のきっかけで解ったような気がする。
それは実は前から自分自身の中
で気になっていた事でもある。

これまでのSABBYカジュワルラインデイスカスとは

IMG_5867.JPGIMG_5865.JPG

1. 選別の際、そのデイスカスのもつ欠点を
見落としてしまいまぎれて入荷した
個体が水槽の中に入れた時に露わになった個体

IMG_5863.JPGIMG_5861.JPG

2. 明らかにバーチカルラインが乱れている個体や目の色が薄い個体

IMG_5860.JPGIMG_5854.JPG

3. ヒレなどがピラニアなどに齧られ、
完治しているが齧られ後がはっきりわかり
例えばブラックアーチに乱れが生じている個体
4. 体型がどうもイマイチと思われる個体
などをひっくるめて全てカジュワルラインとしていた為に
同じカジュワルなのに、どうも統一感がなくばらつきの波が多いと言う
問題点が気になっていた。
このカジュワルラインの良い個体は
下手なセレクションラインを凌駕する個体がいると言う現実も
大変気になっていたポイントであった。

続く

※写真の個体群はすべて”バーチカルラインが乱れている個体達。”

バーチカルが乱れているという事だけで、カテゴライズすると

個々のディスカスの間に大きなポテンシャルの違いが

見受けられることがご確認頂けるかと思います。

*************************************************************************

観賞魚へのランク付けの基準は

”こういう魚が美しいのだ!”という個人の審美的価値観基準と

”こういう魚が売れる(受ける)のだ!”というマーケットにおける価値基準の間を

揺れ動くもののように私は思っております。

もともと野生の魚であるワイルドディスカスに

どうやって審美的価値づけをしてくのか??

WBSABBYの考える”カジュアルライン”とは?

今後のレポートを楽しみにしていましょう!!

では、本日はこれにて終了~。

アディオス アミーゴ&セニョリータ。 またお会いしましょう!!


※お願い

今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします!!

皆様の応援に感謝感激!

さらに充実したブログにするべく頑張ります!!


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングにも参加しております!応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ シクリッドへ←シクリッドランキングにも参加中しております!応援クリックよろしくお願いいたします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ←いよいよ観賞魚ブログランキングにも参戦!!上位メダカブログに挑む!!
にほんブログ村

※ラーメンブログランキングには参加しておりません(笑。


皆様の愛魚の飼育相談を受け付けております。

魚不調で、抗菌薬を使う前に、まず相談!!

メールでも、電話でも、気軽にどうぞどうぞ。

Tel&Fax: 042-452-6840
E-Mail: mail@ciaociao-net.jp
営業時間 10:00~20:00
定休日:水曜日(水曜日祝日の場合営業 翌木曜日振替で店休)



コメント(2) 
共通テーマ:ペット

レインシーズン@CUIPEUA村 [W.B.SABBY アマゾンリポート]


3月末、4月初めの、生体配送に関するお知らせ。

消費税増税前の駆け込み需要、引っ越し便の集中が原因で

宅配便の配送が、平均半日以上遅れております。

以上の理由で、生体の安全を配慮して発送を見合わせますので、ご了承ください。

なお、4月1週目の週末着より生体配送を再開する予定です。

よろしくお願いいたします。


※駐車場位置変更のお知らせ

チャオチャオ隣りの駐車場の駐車位置が変わりました。

アクセスマップをご確認ください⇒クリック♪


アクアとペットをこよなく愛する皆様、こんばんは。

3月も、もうすぐ終わりですね~

桜咲き乱れる季節が

もうすぐそこまで来ておりますが・・・(え?すでに咲いてるって??)

実は実は、この3月に

W.B.SABBYの鴨志田さんが秘密裏に

クイペウア村にアレンカーディスカスを再採集しに

クイペウア村に潜入しておりました!!

そのレポートと言いますか

3月のクイペウア村の様子をレポートしていただきました。

このシーズンのクイペウア村の様子は

なかなか見ることができませんね。

貴重な写真とレポートになりますので

是非是非、ご覧くださいませ!!

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

2014年 号外  
雨季のアマゾン

2014年1月と2月末から3月中旬に
業者や漁師から連絡があり現場まで足を運びました。

特に3月に入ってからの出張は初めてで、
雨季の真っただ中に
アマゾンの現場まで行くということは
例年では考えられない行動です。

ぎりぎり1月は何とかディスカスを採集できますが、
特に3月に入ったらはっきり言って
魚が採れないからという理由で
ふつうは現場まで行くような活動しません。

雨季にはアマゾンのあらゆる川、湖が
いっぱいになり水があふれ、
ジャングルもイガポーと呼ばれる浸水林になります。
なので魚たちがちらばってしまい
プロの漁師でも魚の採集量は激減します。
また、毎日のように雨が降り、
土や砂を川に運ぶのでイガラッペなどですと
水が濁ってしまうという問題もあります。

以前マナウスに住み、
もちろんアマゾンの雨季も体験しています。
しかし今回実際に足を運び
3月でここまで水が多くなるのかと
改めて感じさせられました

船の航行コースも増水で
船の通れる水路が増え
ショートカットして、目的地まで早くつきます。
乾季に見慣れた風景、牧場などは
すべて水の下です。

浅いところは直接牧草が
水面から出ています。
牛たちは限られた土地にひしめいている感じ。 

dry 2.jpg

↑ 乾季

rain 2.jpg

↑ 雨季

イガラッペと呼ばれるクリークは
一回りも二回りも大きな川となり、
湖の水もどんどん牧場を飲み込んで、
また二つに分かれていた湖も
一つになって大きくなっていきます。
 
現地情報集めにアレンカー・クリペアの
コミュニティーまで足を延ばしました。
サンタレンからアレンカーまでの定期船では
アマゾンの通り雨に会い、
船もエンジンを止めて避難するほど。

そして増水のためにアレンカーから
クリペアまでの航路も変わり
より短い距離で行けるコースをとっています。

乾季には3~4時間かかるところ
を2時間ほどで行けようになっています。
また、クリペアのクリーク(採集現場・クリペアⅠ)はもう湖です。
クリークなどもうありません。
その分クリークの水は乾季のように
泥水ではなく半透明、自分思ったよりも澄んでいました。

dry 1.jpg

↑ 乾季

rain 1.jpg

↑ 雨季

クリペアの港(船の発着場所)の前には
サッカー場が広がっていましたがそれも水が飲みこんでいました。
3月はまだ雨季の半ばです。
サンタレンーアレンカー地域では
普通5-6月まで行くが続きます。
このまま、この雨が降り続くと
また過去最高記録更新、
街、村の中にまで川の水が浸入することになるだろうと
船長をはじめコミュニティーの人々とも話をしていました。

それでも彼らは日々の生活のために魚を取っています。
売るものではなく自分たちが食べるもの。
ですから必要量だけを採集しています。
ツクナレ、ピアウ(レポリヌスの仲間)などなど。

fisherman.jpg
漁師の一人が網に入ったからとディスカスを
1匹だけもって自分に見せに来てくれました。
雨季の間はこれだけの水なので
ほとんどディスカスは網に入りませんが、
たまに引っかかるとのこと。
「ほらピラニアのかまれ傷もなくきれいだよね」と。

discus.jpg
 
雨季のアマゾンを久しぶりに目の当たりにし、
川の水の多さに驚かされましたが、
水に覆われたアマゾンもきれいで
良い所だと再認識させられました。

 *Takafumi Kamoshida
--------------------------------------
W.B.Sabby Ltda.

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

すみません、漁師さん・・・

この綺麗なディスカス・・・

食べないで日本に送ってください・・・(涙。 

※後程、鴨志田さんから連絡有。ディスカスは喰わんそうです(笑。

では、本日はこれにて終了です。

アディオス アミーゴ&セニョリータ。 またお会いしましょう♪♪

P.S.

ここで、お礼。

多くの皆様から、ランキングバナーにクリックの応援を頂きましたお蔭で・・・

1396147672204a.jpg

観賞魚ブログランキングで、4位のポジションまで上昇いたしました!!キター!スゲェ~ヨ、コレ!!

※観賞魚ブログランキングページへ⇒クリック♪

周りは、今大流行のメダカ、依然人気のシュリンプのブログばかり・・・

南米シクリッドブログのチャオチャオブログ、大健闘中です!!

本当にありがとうございます!!

では変わらず、以下お願い申し上げます!

※お願い 今回の記事が面白かった!楽しかった!為になった!と思われた皆様!

是非 ↓ のランキングバナーをクリックお願いいたします。

応援いただけますと相当に、かなり相当に、モチべーションが上がります!!


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングに参加しております!是非是非、応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングにも参加しております!こちらも応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村

※ラーメンブログランキングには参加しておりません(笑。


コメント(0) 
共通テーマ:ペット

W.B.SABBY鴨志田氏 アマゾン出張フォトストーリー [W.B.SABBY アマゾンリポート]

アクアとペットをこよなく愛する皆様、こんばんは!

今期は例年より遅れて火が付いた

ワイルドディスカスの輸入ラッシュ。

まだまだ現地シッパーサイドには

各ストック場から選りすぐりのディスカス達が

送り込まれてきているそうですが

ここで大事なのは、これまでも申し上げて来たように

ディスカスの良し悪しの分かる然るべき人間が

漁場やストック場に赴き、ディスカスを集めてくると云う事。

実は、W.B.SABBYの鴨志田氏

今期は2度、アマゾンへ良質のディスカスを

探しに行ってこられたそうですよ!

今回はその2度目のアマゾン出張を様子を

フォトストーリーとしてまとめて頂いたので

こちらでご紹介させていただきます!


1月にアマゾンにディスカスを探しに行くのは普通のことではありません。
自分では初めてのことです。
クリスマスそして新年をまたいで1月までアマゾンにいたことはありますが、
WBSABBYからシーズンが終わってからもう一度アマゾンに行く!!のは初めてです。

 

1月は雨季の真っ最中でディスカスの採集はできません。
それなのにアマゾンに行ったのは、シーズン中にあれだけ集めた
ディスカスが予想外に売れて足りなくなったことと、
知り合いの漁師からいいディスカスをキープしているので
来ないか・・・と誘われたからです。

写真はこの2週間の出張中に撮影したものです
1月の雨季に入ったあとのアマゾンやディスカスの写真は珍しいと思います。
ぜひ見てくださいね。
1.jpg
Photo: ニャムンダレッドロイヤルディスカス

2.jpg
Photo: 現場ディスカスストック生簀

3.jpg 
Photo: ニャムンダコバルトヘッケルディスカス

4.jpg
Photo: ディスカス漁師たちと

5.jpg 
Photo: アマゾンでのディスカス輸送

6.jpg 
Photo: ニャムンダレーク

7.jpg 
Photo: サウスアレンカー・ラーゴグランジディスカス カモシダセレクション

8.jpg
Photo: サウスアレンカー・ラーゴグランジディスカス カモシダセレクション

 

TAKAFUMI KAMOSHIDA


鴨志田さん、頑張ってるなぁ~♪♪

みんな、応援してね!!

 

 では、本日はこれにて終了です!

アディオス アミーゴ&セニョリータ。 またお会いしましょう♪♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキング、盛り上がってきております。応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキング、強豪ぞろい大競争中です!応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | - W.B.SABBY アマゾンリポート ブログトップ