So-net無料ブログ作成

西岸アレンカー”JATAPU”ジャタプーとは? [産地別ディスカス講座]


アクアとペットをこよなく愛する皆さま、こんばんは。

いやいや、顎が痛い。顎が痛い。

顎関節症で顎が痛い!

でも食いしん坊の店長タケオは、そんな事はお構いなく

毎日美味しくご飯を食べております!

妻によると、本日の晩ご飯は”鮎”だそうであります。

美味いよねぇ~!鮎。

萌えるよねぇ~~!!鮎。

はい、では本日は3日入荷

W.B.SABBY便の西岸アレンカー”JATAPU”ジャタプーの

今日の姿をご紹介!

DSC_1682a.jpgDSC_1680a.jpgDSC_1679a.jpgDSC_1678a.jpgDSC_1689a.jpgDSC_1686a.jpg

どうだ!この小顔。

どうだ!この抜群のスタイル。

こいつら、これから色も揚がってきて凄くなるぜぇ~♪♪

さてさて、今回はW.B.SABBYの山本さんより

西岸アレンカー”JATAPU”ジャタプーについて

レポートを頂きましたので、そちらをご紹介したいと思います。

では、どうぞ!


アレンカー西岸とはなにか?

アマゾン河中流域サンタレンと言う街を中心とする

この地域のデイスカスは、赤に染まるアレンカーデイスカスというのが

一躍有名になってからはこのアレンカーの街を拠点に

西なのか東なのか北なのか南なのかと

区別されておりそれぞれに特徴がある。

R0015328.jpg

アレンカーの町より西に位置する河や湖で採れるデイスカスは

アレンカー西岸デイスカスと呼ばれている。

R0015333.jpg

このアレンカー西岸の地域のデイスカス特徴は

この西岸よりもっと上流地域にヘッケルデイスカスの生息している

Rio Nhamunda, Rio Trombetasという河があり

その巨大支流の影響を強く受けていると思われる

特徴を有したデイスカスが多い。

R0015334.jpg

したがってこの地域のデイスカスは

他のアレンカー地域のデスカスに比べ

巨大に成長する傾向がある。

R0015339.jpg

また今までの経験上ヘッケルデイスカスを有する川の河口には

ロイヤルタイプが多く出現するという法則があり、

アレンカー西岸地域はこの2本の巨大支流の河口に多く生息している

ヘッケル系クロスデイスカスの影響を強く受けていると思えるような

パターンのデイスカスが多いのが特徴である。

R0015340.jpg

ヘビーセンターバーを持つ個体が時折見られるのも、

ロイヤル系の個体が多くでるのも

また時折強烈な赤系統のデイスカスが出るのも、

これら2大河川の影響を受けている

アレンカー西岸ディスカスの特徴である。

R0015374.jpg

そのアレンカー西岸を代表する一つの産地がジャタプであり

この産地はロイヤル率が高くそして巨大になるのが特徴である。

R0015497.jpg

さて、今年まず初めはこの湖に行ったのだが、

まだまだ水が多く悪戦苦闘

R0015390.jpgR0015447.jpg

今年は水の引きが物凄く遅れており、

まだデイスカスがなかなか採集出来ない状態なのであった・・・。


う~む。とにかくジャタプーのディスカスは大型化し

ロイヤル率の高く、強烈に赤く染まるものもっちゅう事ですね!

では、本日はこれにて終了!

アディオス アミーゴ&セニョリータ。 またお会いしましょう♪♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ←ディスカスランキングです。是非是非、応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ←アピストランキングは強豪ぞろい大競争中です!応援クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。